クロスステッチ

大好きな暇つぶしの一つに刺繍、という分野があります。中でも好きなのが、、
クロスステッチとラインステッチ、どちらもとっても単純明快、これ以上簡単な刺し方は
ないか、、というくらいなのですが、そのくせ不思議な魔力があるのです。

 このごろ始めたこれ、、何年か前にやりはじめて挫折してほっぽらかしにしていたものが
何かの拍子に目に留まり、、!悪くないじゃんこれ、、と気を取り直し再度スタート、

画像


なんだか雑然としておりますが、左下のが進行中の作品で、左上が図案で右はごちゃごちゃ、、
なんでも我流で強引に始める質で、図案もちゃんとしたものでなくアンティークのビーズ
パースの写真をプリントアウトしたもの、生地にも直接図案をプリントアウトして、、図案
起こすのめんどくさい、、めんどくさい、という人がクロスステッチなんかする??、、
するんですが、はっきり図案化されていないものを目見当で刺して行くというのは思いのほか
大変でストレスフルで、、途中で投げ出したわけです。
 プリントアウトしたぼけた図案、 こんないい加減なものを頼りに刺そうなんて、ね、 
 
画像


時が経って再度やり始めてみると、、単に図案の指示に従って決められた色を決められた
目数だけ刺して行くのとは違って、その場で場当たり的に色と目数を決めて行くという作業が
案外面白い! 完成したら、、するかな、、?、、きっと、、、何にしよう、、?

 いつも刺し終わるとそれで満足、目的達成! で、即興味は薄れ、、なのですが、
今回めでたく、ほぼ5年ぶりに完成にこぎつけたぶどう柄の、、なんと呼んでいいものか
わからないのですが、とにかく、ある人の助言に基づきバスケットのフタにしてみました。
干しぶどうとか入れるのにいいんじゃないですか、、? そう、ドライフルーツやナッツを
入れることにしよう、と思って久々の快挙に深い満足を覚えております。

画像


本当は真ん中の正方形の部分だけ刺すようになってる図案なんだと思いますが、はみ出し屋の
習性が頭をもたげ、枠を超え、図案の名前とナンバーまで刺すはめに、、 当然地色の糸は
底をつき、刺せなかった部分にはアンティークのシルクの生地をはりつけてカモフラージュ、

画像


 次の機会にはで~~んと大きなのとか、ちまちましたのとかお見せします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

あけ
2018年05月07日 17:31
クロスステッチ出来上がるといいけど お目目目 しょぼしょぼです ちゃんとやれる人 うらやましいです…涙
フィオレッタ あみさん
2018年05月07日 20:51
あけさん、  (本名は あけみ さん?、、単純な推測ですが、、)
なんと、11年前の記事にコメントをいただくなんて! 嬉しさもひとしおです!!
近頃はクロスステッチ、、とんとご無沙汰で、、替わりに、木や竹を削ってスプーン作ったり、猫の額(庭)の土をほじくり返したり、、本人はまじめにがんばって楽しく遊んでます(笑)
どんな作品を作ってらっしゃるのか、、興味津々! ブログやFBに載せてらっしゃるのでしたらぜひ、教えてください♪ (あ、 今 主流はインスタかしら、、)

この記事へのトラックバック