番外編 自費出版奮闘記 ラウンド5 5/29(木) 

番外編 自費出版奮闘記 ラウンド5 出版を依頼すること 5/29(木)

 
                フィオレッタの優しい花たち

                                作り方付き
画像



 我が家のワイルドガーデンでの撮影からほぼ一週間、これで行こう、と決めてはみたものの、、本当にだいじょうぶか?? 知らないってことほどおそろしいものはない、、というのを地で行くことになりそうで、こりゃ、、早めに専門の方に相談せねば、、とお願いしたのは,,一度ショップに来ていただいてお話をうかがったブックコム(自費出版の会)の三浦さん、今回も快く来てくださって、あれこれ相談に乗ってくださいました、

画像


とにかく試しにフォトショップで作ってみたドレスのページ、ラフレイアウト、って感じですが、雰囲気はわかっていただけるかと、、、結局素人の写真で行くことに決定、そりゃあプロには遠く及ばないのは当たり前、しかし、著者が、、へえ~~,写真も撮ったんだ、、スタイリングも,,自分たちで、、なるほど、、この後に続くコメントは本の出来次第、ってわけです、 とにかく写真の数が多いのでプロのカメラマンを頼んだら一日二日でどうなることでもなく、、となるとまたかかる費用もとんでもない額になってしまうのは目にみえてる、というわけで今回の全部自分たちで、の路線となったのです、、が、、理由はもう一つ、 自費出版の強みを活かそう! つまり一般の企画出版なら売れなきゃならない、という至上命令があるわけですから売れるように作らなきゃならない、そうすると独自色はきっと薄まる、、より一般受けのするものになる、、自費出版なら最初から最後まで自分の思い通り、フィオレッタ色でべったり一色、、フィオレッタワールドが好きな方たちだけにお買い求めいただければ良いのだから誰に遠慮が要るものか、 ここは一つのびのびと創造の翼を広げて自由に大空を飛び回ってみようではありませんか、、なんてちょっと調子に乗り過ぎですね、、しかし自費出版のメリットを生かしつつ、できるかぎりこだわって質的にも高いものを作りたいのです。

 やっと二歩目が続いた感じでしょうか、、これから一歩一歩進んで行くわけですが、、私、、瞬発力はありません、これははっきりしてます、、でも、持久力には自信あり、なんです、そう、、くい下がるの得意なんです、なんて,,こんなこと言ってて頓挫するかもしれませんが、それはそれで、状況次第、とにかくやりたいことを見失うことなくしっかり見据えてルンルン楽しく進んでみましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック