自費出版奮闘記 ラウンド9 ひろこさん登場、6/29(日)

自費出版奮闘記 ラウンド9 ひろこさん登場 6/29(日)

 ひろこさん、、ってどなた?、、念願のカメラマン、、いや、カメラウーマン、、フォトグラファー、、ウエディングドレスの会社、シエスタさんの撮影を時々担当してらっしゃるプロのフォトグラファー、、とっても雰囲気のある写真を撮る方ですよ、との推薦もあり、、ああ、、そういう方に来てフィオレッタのお花やアンティークを撮って欲しい、、とかねてより思っていたのですが、、コストの壁は高く、ほぼ断念しておりまして、、、いえいえ、楽しそうなのでぜひ撮影しましょうよ、、お金のことはご心配なく、、とおっしゃってくださったとかで、わたくしの不安は雲散霧消 と言いましてもただというわけではありません、もちろん、、しかし単に何時間拘束、はい、いくらです、ということではないということで、それで私の心は大きく動いたのです

 その前に、この下の写真、、まだ撮影が決まる前に、またまたブックコムの三浦さんにお越しいただきページデザインの打ち合わせをいたしました、 なんかぼんやり、うっすら見えておりますのが,,手書きのレイアウト図、、写真も不安ならレイアウトも不安、、すべてが不安のかたまり、といったところ、、しかし、そこはプロの心強さ、あれこれと的確なアドバイスをしてくださって、なんとか最初の1-2ページ、あわよくば3-4ページを形にしていただけそうな気配、、

 パラパラと手の中で繰って選んでいるのは、最初に挟もうとしている薄紙、ちょっと透ける感じで次のページが夢のようにほの見える、、なんとなく和の雰囲気のものが多い中で、薄い緑色で霞か雲か,,白っぽいもやもやが控えめに散らばっているのを選びました、 さてさて、、どんな出来上がりになるのか、、

 真ん中、上のほうに見えている雑誌が、目指す”ビクトリア” デザイナーさんに雰囲気をわかっていただくためにお貸しすることにしました、
 
画像


さて、、
 撮影、第何弾、、かな、、初めて買った一眼レフデジタルカメラ、それですいすい思うような写真が撮れたらこの世にカメラマンなんて仕事は無いよね、、なんて言いながら、、しかしそれしか選択肢は無いのだし、がんばるさ と意気込んでスタートしてはみたものの、、例えて言うなら泥の船で大河に漕ぎ出した気分、しかし漕ぎ出したものはもう戻れない、、ああ、、なんて内心どきどきしていたところへ、ひろこさんの登場とあいなったわけです、 まずは撮影風景を一枚、 最初にショップ内をバシバシ撮っていただきました、 真剣なまなざし、、
画像


脚立に乗って、ガラスのランプシェードを、、
画像


これはテーブルウエアの最後のセッティング、ロシアの刺繍の服を着ているのはもちろんゆきこさん、今日もスタイリストとして、またモデルとして大活躍 ここに写っているパンのあれこれ、すてきなセッティングの中で、しっかりお昼にみんなでいただきました
画像


お昼からはアクセサリー類の撮影、スカーフやバッグをアレンジして、退いたり寄ったり、またさまざまな角度から被写体を捉えてパシャ!
画像


 実はひろこさんも写真の専門教育を受けたわけではないそう、、’自分で撮りながらいろいろと勉強して覚えていくしかないですね’、、、そうそう、、学校出りゃいいってもんじゃありません、 興味と探究心、より良いも
のを求める向上心、,,必要なのはそこらへんかな、、それで今回気がついたことは、、私の写真と寛子さんの写真となにがちがうのか、、奥行き、深み、 それなんです、 で、さっそくあれこれ参考図書を借りて来て勉強開始!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック