自費出版奮闘記 ラウンド11 撮影打ち合わせ 7/15.17.18(火、木、金)

自費出版奮闘記 撮影打ち合わせ 7/15.17.18(火、木、金)

 撮影の壁が超えられない、、という嘆きを前回書いたのですが、、それをなんとか超えないことにはどうにもならないので、、、だって、作ろうとしてるのは‘写真集’!!! スタートラインに着くまでの道のりの長かったことったら、、なんによらずまずは自分で試してみる、できるかできないかしつこく試してみる、、ある程度はできると確信してスタートラインに着く、、しかし実際に始めて見ると思うような結果がでない、で混乱と不安は深まる一方、、それでつまりはスタートラインからまた退くことになる、、

ああ~~ 一体何をしてるの??

写真撮影に関する知識の無さ、それがすべての元凶だったのです、はじめからちゃんと聞けばよかったあ、、カメラマンという仕事は、ただ大きなカメラを持って当日いきなり現れて,,何を撮りましょうか、、? ああ、はいはい、それからカシャカシャ何百枚と撮りまくる、というかシャッターを押す、デジカメはフィルムなんて無い訳だし実に簡単、、、そんなもんではなかったのです 下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、と言いますがヘタな鉄砲は数撃っても当たらないのです、基本的に無理があったのです、、ベースとなる技術と知識と経験が無ければ何枚撮ったところで使える写真は一枚も撮れない、、ここに来てやっとそんな当たり前のことがわかったのです、、ああ~長かった、、

一枚のすてきな写真を撮ることは一枚の完璧な絵を仕上げるのと同じこと、周到に計画され準備され、被写体の周りと背景をうまく調整してライティングには細心の注意を払い、被写体の魅力を十分に引き出すためにあらゆるテクニックを駆使し工夫を凝らす、、ああ、そうだったんだ、それを知らずに撮影を語るなんて、もってのほか!!

撮影の壁を乗り越えようとあがきはじめてからというもの、写真を見る目が違ってきました、駅に貼ってあるポスター一枚見るのにも違う見方をしている自分がいる、それはなんだか新しい世界に突入したような感覚、、

それでそれで、、いよいよ正真正銘のプロのカメラマンさんをお願いすることに致しまして、、そのための下準備、打ち合わせを何度も何度もやりまして、念入りに撮影リストを作成し、、わたしは実は整理整頓が得意じゃないので、、そこはゆきこさんの几帳面な性格でカバー、なんと簡単な綴じ本のようなスタイルにして撮影手順と撮影に使う物とセッティングリストを作ってくれました細かいセッティングばかりなのでリストも当然細かい、、一日で大中小と必要なカット数を確実に仕上げて欲しいのでそのための下準備には時間と労力を惜しんではなりません、いえ、時間と労力だけじゃなく、感覚を研ぎすます集中力もしっかり保っていなくてはなりません

一日で準備はできないので、少しずつ片付けたりし始めてます、  物を移動させたのでショップ内は普段にも増して一段とごちゃごちゃ感が漂ってます
画像


この棚はもう最初のセッティングをしてあるので足許すっきり 明日は両サイドもすっきりさせねばなりません、
画像



 そこで明日(7/22,火)ショップが終わってから最終の準備に入ります、撮影のスペースを確保するために什器をかたづけたり撮影リストにしたがって使うものをまとめて順番にセットしたり、、あまり遅くならないうちにかたづけなきゃ、、だって次の日、23日はいよいよ撮影本番の日なんですもの!

 すごく楽しみで、すごく不安、、ああ、ドキドキ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック